ドイツ30とイギリス100はちょっと下がってほしい

NYダウも強いですが、ドイツとイギリスの株価も強いです。
GMOクリック証券CFDのドイツ30とイギリス100もなかなか下がりません。
売り建て分がたまってしまっているので苦しい状況が続いてます。

海外が強い動きをしているので、まだまだ上がるかもと思い、両建てしていた信越化学工業とセコムの売り建て分はいったん微益で決済しました。
さらに上昇したら、また売り建てしてみますが。
日本株CFDでは日本電信電話だけ両建て続行中です。

キャノンはいい感じで反発してたのが、今日は結構下落してしまって残念。
キャノンは1枚ナンピン買いです。

海外の株価にもちょっと下落してほしいんですが、しばらく強い地合が続くんですかねえ・・・

それにしても、GMOクリック証券のCFDは最長で2週間までしか注文期間を設定できないので、週末になるとちょこちょこと期間切れが発生している注文があるので、それを調べて再注文を入れるのがちょっとめんどくさいです・・・

スポンサーリンク

カテゴリー: CFD パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です