松井証券の手数料は小銭稼ぎに向いてそう

小銭を稼ぐということは、小額で決済することになますので、利用する証券会社の手数料が重大な要素になってきます。

実際、小銭ってどれくらいを想定しているかというと、ぐーんと少なく20円~100円くらいでいいや!と考えています。

証券会社の手数料や源泉徴収分を差し引いた利益が、20円~100円くらいになるようにしたいのです。

この20円~100円くらいの小銭をたくさん積み重ねていきたいというのがボクの野望ってわけです。

たとえば、手数料が1注文あたり100円とられるとしたら、買いと売りの往復で100円+100円=200円の手数料がかかりますので、源泉徴収の分とかも考えると、230円~320円くらい(たぶん)の含み益がでているところで、決済する必要があるかと思います。

松井証券は1日の約定代金合計金額が10万円までは手数料無料

そこでいろいろな証券会社の手数料を調べてわかったのですが、松井証券は「1日の約定代金合計金額」が10万円までは、手数料がなんと無料だそうです。

投資金額が少なくてすむETFを松井証券で数回売買するくらいならば、「1日の約定代金合計金額」を10万円以内におさめられることができそうなので、そうなると手数料は0円となり、30円~120円くらいの含み益が出ているところで決済することができるようになります。

松井証券の手数料体系って、ボクみたいな人間にとってはホントにありがたいです。
(どうかこの手数料体系が続いてくれますように・・・)

そして都合のいいことに、松井証券の口座は株主優待取得が目的で、すでに開設済みでしたので、すぐにでも取引を開始できます。

・・・というわけで、とりあえず松井証券でETFを売買することを前向きに検討して、もう少し調査を続行してみます。

スポンサーリンク

カテゴリー: 証券会社 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です