GMOクリック証券は小銭稼ぎ向きか考えてみる

ボクはGMOクリック証券もよく利用するのですが、では、GMOクリック証券が小銭稼ぎに向いているか考えてみます。

GMOクリック証券の手数料体系は、「1約定ごとプラン」「1日定額プラン」の2種類があります。

「1約定ごとプラン」は、名前のとおり1回の約定ごとに手数料が発生するのですが、20万円以内の約定金額ですと105円(税込)となります。

ETFの安いところを1日に5回約定したと仮定すると、525円(税込)の手数料が発生することになります。

これはボクのやり方では手数料負けになってしまうので無理ですね・・・

「1日定額プラン」ですと、20万円以内で230円(税込)となっています。

ETFの安いところを1日に5回約定させてその合計金額が20万円ならば、230円(税込)となり、1回あたりの手数料は46円(税込)となります。

ちなみに10回の約定に成功したとすると、1回あたりの手数料は23円(税込)です。

・・・うーん、これならば多少は利益がでるかもしれませんが、松井証券やカブドットコム証券では手数料無料でできる方法がありますので、ボクから見ると小銭稼ぎには向かないですね。

株主優待で手数料をキャッシュバックしてくれる

ただ、GMOインターネット[9449]やその関連の企業の株主優待でGMOクリック証券の売買手数料を、上限はありますがキャッシュバックしてくれる優待制度があります。

ボクが知っている限りで、GMOクリック証券の現物株式や信用取引の売買手数料をキャッシュバックしてくれる優待制度があるのは、現時点で以下の銘柄です。

  • GMOインターネット[9449](上限は5,000円)
  • GMOアドパートナーズ[4784](上限は5,000円)
  • GMOクラウド[3788](上限は5,000円)
  • paperboy&co.[3633](上限は3,000円)

※他にもあったらごめんなさい。

全て持っていれば、18,000円分の現物株式や信用取引の売買手数料がキャッシュバックされることになります。

半年に一度優待の権利がもらえるので、半年間で18,000円以内の手数料でおさまれば手数料無料で取引可能ですが、それを超えてしまった場合は通常の手数料が発生してしまいます。

・・・うーん、「半年間で18,000円の手数料は超えるかも」と考えると、やはりちょっと小銭稼ぎで利用する気にはなれません。

株主優待の取得にはつかえると思います

じゃあGMOクリック証券は利用しないのかというと、そんなことは全くなくて、ボクは株主優待の取得などに利用していこうかと思ってます。

ちなみにボクは、GMOインターネット[9449]GMOクラウド[3788]は持っているので、半年で1万円は手数料のキャッシュバックがもらえることになります。

10万円以内の株なら松井証券で買えばいいんですが、10万円以上の株は松井証券では手数料が発生してしまうので、そういう時にGMOクリック証券を利用してますよ。

クロス取引してる人もそうでない人も、GMOクリック証券はホントにありがたくてかかせない証券会社会社だと思っています。

スポンサーリンク

カテゴリー: 証券会社 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です